キャッシング歴がある人のほうが審査に有利

キャッシングの審査では、一度もキャッシングを利用したことがなく借り入れがない方のほうが有利なのでは?と思うかもしれませんが、実はそうではありません。 返済実績のある方の方がカードローンの審査は通りやすいのです。

これはクレジットヒストリーとも呼ばれます。 一度も借り入れをしたことがない方の場合、その人にお金を貸したとして本当に滞りなく返済してもらえるのかどうかというのは分かりませんよね。

ですが、他社からの借り入れがあり、そちらをスムーズに返済しているということであれば、そういった方の方がキャッシング業者からの評価は高くなります。

こういった返済の実績は、最低でも4回ほどあると評価が高くなると言われているので、過去に借り入れをしたことがあるから審査に通らないのでは…と不安に思っていた方も審査を申し込んでみると良いでしょう。

ただ、借金している人の方が良いというわけではありません。 あくまで、借り入れがあり、滞りなく返済していた場合に評価が良いのであり、返済の延滞を繰り返している方はブラック扱いとなってしまうので注意が必要です。

それから、債務整理をした情報などが個人信用情報機関に残っていると新たな借り入れをするのは難しくなってしまいます。

また、多くのキャッシング業者では他社からの借り入れがある場合に総合的な金額よりも何社から借り入れをしているのかということを重視するようです。

もしも、すでに完済していて利用していないキャッシング業者がある場合、忘れずに解約を済ませておきましょう。

例えば、4社それぞれから25万円ずつの借り入れをして合計100万円の借入れをしている人に比べると1社から100万円借りている方の方が評価は良いです。

「多重債務」という言葉があるように、借り入れの件数が多くなればなるほど借金で首が回らない状態になってしまう可能性が高くなるため、できるだけ件数は少なくしておきましょう。

どの業種でも4社以上の借り入れがあると新たな借り入れは難しくなると言われています。

ページの先頭へ